これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

株式投資のノウハウ

株で儲ける方法あれこれ

更新日:

株で儲けるには株価の変動に合わせて売買するだけですが、売買にも種類が有って、他にも儲ける方法が色々有ります。

それらをこれから詳しく説明していきます。

売買には現物・信用の2種類が有る

株式投資をする時必ず聞く言葉に現物と信用が有ります。

現物は文字通り株の現物を売買するだけですが、信用はいったい何を意味しているか分からないと最初は思うかもしれません。

信用とは証券会社が顧客を信用して取引をするという意味です。

いったい何を信用するのか

信用とは信用取引のことでして、それは差金決済の証拠金取引です。

株の売買の決済を売りと買いの値の差額だけで決済をして、常に決済が出来ることを証明する為に証拠金を用意します。

それだけでしたら問題ないのですが、株の値動きによっては証拠金が不足します。

それで不足する証拠金を追加してくれと証券会社が要求するのが追証です。

 

この追証が顧客が払えなくて証券会社が代わりに払うリスクが生じる場合が有ります。

それでこの取引は証券会社が顧客を信用して証拠金取引をさせるという意味で信用取引と言います。

信用取引は買いだけでなく売りも出来ます

信用取り引きの買いは株の購入代金を証券会社が融資をして買います。

担保として購入した株が有りますから、融資が焦げ付く恐れは無く、担保の株が値下がりしたら証拠金で補てんする仕組みになっています。

 

これが売りの場合は証券会社が自社または別の所から株を借りてきて、株そのものを顧客に貸します。

顧客はその株を売って安くなったところで、株を買い戻して利益を出します。

この時株の売却代金は証券会社が管理しますから、株価が上がって高く買い戻すことになった場合は、証拠金で差額を穴埋めするので、証券会社は問題なく顧客に株を貸すことが出来ます。

配当金で儲ける方法も有ります

株の良いところは持っているだけで配当金が貰えることです。

株が値下がりしても配当金を貰い続けて、買値まで戻った時に売却でも、配当金の分だけ儲かります。

配当金が出るか出ないかは株を発行している会社の業績次第ですから、配当金目当てなら業績の良い会社を選ぶことです。

株主優待という特典

株式投資には株主優待という株主になった人達だけの特典が有ります。

これは株主を増やそうと企業が株主になった人達に商品や割引のサービスを行っているものです。優待の中身ですが、自社商品とか割引チケットの他に各種企業が選んだ商品が家に届けられます。

優待を利回りで考えても十分な儲けになっています。

株を貸して儲けることも出来ます

大手ネット証券で証券会社に株を貸すだけで金利が貰えるサービスが始まりました。

上記の信用取引で他の顧客に株を貸して貸株料を取って利益を得ることが出来るから、このサービスを始めています。

この貸株も今の超低金利の時代では貸株金利も低く設定されていますが、それでも無いよりはましです。

だから長期投資を考えでしたら、大手ネット証券で口座を開設して、購入した株を証券会社に貸して、貸株金利を貰いましょう。

-株式投資のノウハウ

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.