これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

株式投資の基礎知識

株初心者の投資資金の正しい使い方

更新日:

株式投資での初心者は二通りのタイプが居ます。

一つ目は株で損するとは思っていなくて、いつも全力で投資をするタイプで、もう一つ目は株で損をし続けたりして、 もうどうやって投資をすれば儲かるのかわからないタイプです。

そのどちらも投資資金をどう使ってよいか分からず、間違った使い方をして失敗しています。

こう言っ てもどう間違っていてどう使えばよいかは分かりませんから今から説明します。

投資は常に損をすることを考える

一つ目のタイプですが、投資は儲かる、自分の判断は正しい、全力で買わないと儲け損なうと盲信して株を買っています。

しかしそんな考えでしたら、儲かったりして もその内二つ目のタイプになってしまうでしょう。

株式投資はそんな簡単な物では無く上級者でさえ、毎日稼げるように努力をしているくらいですから、株のことをよ く分からない状態でいつも勝てる訳が無いです。

だから全力で買うのは止めることです。

 

それでどう資金を使えばよいかというと、まず失敗することを想定して資金の一部だけで株を買います。

一部だけでしたら失敗になって損切りすることになっても損は 少ないです。

また損切り出来なくて塩漬けになったとしても、資金がまだ残っていますからナンピンで利益を得るチャンスを掴みに行くか、別の株を買って利益を得る かのどちらかの行動が出来て、全力買いよりも利益を得るチャンスが増えます。

損失の取り返し方を考え直す

二つ目のタイプの株で損をし続けて、株で損を取り返したいけどどれを買えばよいか分からなくて困っている場合ですが、無理に損失を取り返そうと考えないことです。

始めよりも資金が減っていますから、その分損失を取り戻すのが難しくなっています。

資金が少なくなっている分買える銘柄も限定的で、無理をすれば余計損失を膨ら ますことになります。

こんな時は自然に儲かって損失を取り戻すことをするべきです。そんな方法が有るかと言えば単純に株主優待が貰える株でも買って放置すること です。

 

株主優待の有る株を買えば必ず儲かるのかと言えばそうではなく、売買で儲けられないのなら長期投資で稼ぐように方針を変換する為です。

株主優待は長期保有を続け たくなる薬みたいなものです。

株主優待の有る株でも損をしないとは言えませんが、株主優待で損失の穴埋めは出来ますし、株主優待を出す企業は優待を出せる分余裕 が有る経営をしていますから、他の企業より株価が下がりにくい点が有ります。

暴落で株価が下がりきるまで資金を温存する

これは両者に向いている方法でして、普段の状態で株を買って利益が出たとしても、暴落で大きな損失を出していたら意味が有りません。

だから暴落が来るまで投資資 金を待機です。

待機資金は銀行に預けておくよりも証券会社のMMFで運用した方が少しだけど金利がいい分お得です。

資金を待機していたら儲けることは出来ませんが、 損もしません。そして暴落を利用してうまく稼げるかもしれません。

儲けられるとは限りませんが、最低1回分の暴落を避けられている分リスクが少なくなっているメリ ットが有ります。

証券 2015.0213追加

-株式投資の基礎知識

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.