これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

株式投資の基礎知識

株主優待って何?

更新日:

株式投資をする目的の一つに株主優待を貰うというのが有ります。

株主優待の為だけに株を買っている人が居るくらい株主優待はすごく魅力的です。

株主優待とはいったいどんなものかをこれから説明していきます。

株主優待とは

株主優待とは企業が株主を増やそうとして、株主になってくれた人にサービスとして提供している物です。

上場基準の株主の数を揃えようと株主優待をすることから始まって、今では宣伝効果も有ることから、株主優待をする企業が増えました。

どんな優待が有るの?

株主優待には色々有って、個人向け商品を扱っている所は自社商品を提供したり優待券として自社の割引サービスを提供しています。

そうでない場合はお米や産地の特産物やカタログギフトなどを提供しています。

使えない優待はどうすべき

株主優待の中でも必要ない物や近くに店が無くて使えない場合は、割引券とかでしたら金券ショップで換金すればいいです。

物でしたら知り合いにあげたりするしかないです。

ただですから貰ってもお金を取られませんから、問題ないですけど、出来れば貰ってうれしい優待をくれる企業の株主になることです。

優待利回りで考える

株主優待は意外と価値が有るものが多く、現金で換算すると配当よりも多くなったりします。

それでマネー情報誌とかが株主優待特集をやるときは優待利回りとかの表示で株主優待の評価をしています。

それを見るとどの企業の株主優待が貰えてうれしいかがよく分かります。

株主優待を貰うなら少しでも得をしたいから、優待利回りで優待をチェックするのもいいでしょう。

優待ただ取りという方法は嘘

よく株主優待だけを貰う方法が書かれていますが、そういうのは真に受けない方が良いです。

株主優待目当てで株を買うと優待を貰っても株価が下がれば損になるから、株価下落のリスクを避ける為の方法が有ります。それは両建てです。

両建てなら株価下落のリスクは避けられます

株主優待は権利確定日に株を持っていればよく、その日が過ぎれば株を持っていなくても大丈夫です。

それで株を予め売っておくのが両建てです。売る方法は信用取引の信用売りでして、現物で買って信用で売ります。

それで株価下落のリスクは避けられます。しかしこれでは優待のただ取りは無理です。

売買手数料を払っている分ただで無いです。その上売買手数料が現物分だけでなく信用の分まで払う必要が有ります。

それに優待が出る企業の株は権利日が近づくと逆日歩が付く恐れが有り、逆日歩の分まで払うことになって優待を貰うメリットが薄れてしまいます。

 

信用を使えば株価下落のリスクは避けられるけど、信用取引が出来るように信用口座の開設が必要でして、あまり良い方法では無いです。

 

株主優待目当ての投資は、株価の下落というリスクが付きまとう以上、必ずしも有効とは限りません。

しかしすぐに現金化する必要の無い資金でしたら、優待と配当金を貰いながら投資するのもいいでしょう。

証券 2015.0213追加

-株式投資の基礎知識

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.