これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

証券会社の詳細

松井証券で口座開設!知っておきたいメリットや評判

更新日:

松井証券を利用するメリット

株式投資をするに当たってNISA(少額投資非課税制度)は必要不可欠な存在です。NISAとは2023年度まで毎年100万円まで非課税投資枠が与えられ、それが5年間非課税で使えます。 その間株式の売買益や配当金が非課税になります。非課税のメリットは大きいから使わないと勿体ないです。ただNISAは一つしか持つことが出来ず、取り扱う金融機関も1社に限定されて、尚且つ変更は出来ません。だからNISA口座を開設する証券会社は慎重に選ばなければなりません。

NISAなら松井証券

それでNISA口座を開設するなら松井証券です。松井証券をお勧めする理由ですが、松井証券ではNISA口座で株式の売買をした場合は、手数料が無料になります。NISAは売却をしてしまうと、非課税枠が戻らない為買うだけですが、それでも手数料無料はお得です。他のネット証券でも手数料無料を謳っていますが、期間が限定とかで恒久的に無料なのは松井証券だけです。

手数料でも松井証券

NISA枠は年100万円ですから、NISA枠を使い切ってしまうのは必然でして、後は普通に株式の取引になります。それでも手数料で考えたら松井証券です。松井証券は約定代金の合計金額が1日10万まで手数料が無料です。だから本当に少ない金額で買える株を買うなら松井証券を利用すべきです。さらに信用取引口座を開設するだけで、約定代金の合計額が30万円まで手数料が無料になります。ただしこの場合は、信用取引口座を開設した月から6か月後の月末までです。それでも6ヶ月過ぎても1日300円と他のネット証券より断然安いです。そして上限が10万円までと大口投資家にも有利な手数料体系になっています。

一日信用取引なら手数料が無料

松井証券ならではのサービスとして、一日信用取引というのが有ります。これは一日で売買、すなわちデイトレードなら信用取引の手数料が無料になります。そして1約定が300万円未満の場合は金利年2%が付きますが、300万円以上になると金利が0%と手数料だけではなく金利まで無料になります。だからデイトレードをするなら現物・信用のどちらでも松井証券を利用すべきです。

先物取引やオプション取引も松井証券

株式の売買の手数料が安い松井証券は先物取引の手数料も安いです。日経225先物は1枚に付き300円で日経225ミニは40円です。オプション取引も約定代金の0.2%とお安くなっています。そして一日先物取引ならば手数料がさらに安くなってレバレッジも普通は約28倍ですが、一日先物取引では約52倍まで建玉出来ます。

取引ツールはすべて無料

松井証券は株式の売買に力を入れていて、取引ツールは無条件ですべて無料です。そしてネットストック会員になると会員限定の有料の松井証券ディーリング・ブラウザを利用することが出来ます。松井証券ディーリング・ブラウザは有料なだけ有って、投資に必要な情報が随時配信されています。

-証券会社の詳細

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.