これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

株式投資のノウハウ

株の銘柄選びの方法とコツ

更新日:

証券会社に口座を開設して入金まで済ませれば、株式投資が出来ます。それでまずどの株を買うかです。

どの株と言われれば値上がりする株ですが、どれが値上がりするかは誰にもわかりません。

それで買ったけど値上がりしないで、塩漬けになるか損切りになったりしないように銘柄選びは慎重にやる必要が有ります。

銘柄選びには二種類あります

銘柄を選ぶときはファンダメンタルで選ぶかテクニカルで選びます。

ファンダメンタルとは企業業績とか財務とかの状態を調べて、その企業の株価が割高か割安かを判断します。

テクニカルはチャートなどの価格動向を見て株価が割高か割安かを判断します。

どちらが有利か不利かはどちらも分析力次第で人それぞれです。

だから得意そうな方を選んだり、両方から判断して選んだりすると良いです。

簡単な方法として

まず資金力に合わせて銘柄を決めます。

どんなに良い株が有っても資金が無ければ買えませんから、その銘柄はあきらめるしかないです。

それに一度に資金を全部使わないで、何回にも分けて買えるような金額の銘柄を選んだ方が良いです。

何回にも分けて買う理由ですが、確実に底値で拾えるとは限らないからです。

最初から全額使って株を買って、買ったと値下がりしたら、上がるまでずっと待つか損切りするしかないです。しかし何回にも分けて買う方法なら下がった後、また買って平均買い付け単価を引き下げて利益を出やすくすることが出来ます。

買った後値上がりしたならば、売って利益を確定したり、他の株に投資をしたりすればいいです。

ポートフォリオを組む

株式投資は分散投資が効果的です。

単一銘柄に集中投資は、その銘柄に何らかの悪材料が出て株価が下落して、そのまま株価が低迷したままになったりします。

それで集中投資はリスクが高いので、分散投資をすることをお勧めします。

分散投資の銘柄選びですが、まず同一業種や同一セクターの銘柄を選ばないことです。

業界的に状況が悪ければ、分散効果が出ないので、必ず異なる業種の銘柄を選ぶ必要が有ります。

そうして複数の銘柄を選んで保有することをポートフォリオを組むといい、保有銘柄達をポートフォリオと言います。

銘柄入れ替え

ポートフォリオを組んだら、次は銘柄入れ替えです。

銘柄入れ替えはすぐには行わず何ヶ月も経って、株価が振るわない銘柄を売却して新しい銘柄に入れ替えます。

新しく購入する銘柄は、同一業種でも構いません。

その代り入れ替える銘柄よりも購入して保有する価値のある銘柄でないと、入れ替えの意味が無いのできちんと選んで購入する必要が有ります。

また前とは違う業種の銘柄と入れ替える場合は、今のタイミングで入れ替えても良いのか考慮して、良いならば入れ替えです。

当然次の入れ替え候補にならないよう、これもきちんと選んで購入する必要が有ります。

 

銘柄選びは、株式投資でタイミングに次ぐ重要なものですから、慎重に考えて株価だけで判断して選ばないことです。

そして必ずしも儲かるとは限らないと考えて、集中投資は避けて、分割または分散でリスクを減らして投資をすることが大事です。

-株式投資のノウハウ

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.