これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

株式投資の基礎知識

日経平均株価・TOPIXの正しい意味を理解しよう

更新日:

「日経平均株価」や、「TOPIX」はニュースやネット情報でよく見かけることばですよね。株式取引を行うときに指標として参考にしている人も多いのではないでしょうか。

指標に基づいて取引の判断を行う際には、その指標が持つ意味を正しく理解しておくことが大切です。

その指標が実際の経済状況のどういう側面を反映しているのかがわからないと、取引に関する判断を見誤る可能性があるからです。ここでは日経平均株価と、TOPIXの意味について説明します。参考にしてみてくださいね。

日経平均株価の意味と注意点

日経平均株価とは、東京証券取引所に上場している企業225社の株価を平均した数値です。225社の平均値であることから「日経225」と呼ばれることも多いです。

日経平均株価は日本国内の経済指標で最も重要視されている指標です。日本を代表するような大企業(パナソニックやトヨタ自動車)の株価を反映している数字なので、日本経済全体の縮図のようなイメージで報道されることも多い様です(「日経平均が◎円を超えて景気が良い、悪い、」など)

確かに、日経平均株価が重要な指標であることに間違いはないのですが、指標を構成している企業の特徴を反映して、日経平均株価そのものの動き方にも癖があることには注意が必要です。

具体的には、日経平均株価は採用されている225社のうち株価が高い「値がさ株」の株価動向の影響が大きいことが指摘されています。

そのため、ファナックやファーストリテイリングのような株価そのものが大きい企業(発行済株式総数は基本的に考慮しないので、必ずしも時価総額が大きい企業ではありません)の動向によって日経平均株価が影響されることがあります(日経平均株価は株価10位までの値がさ株の全体の30%以上の動きを決めていると言われます)

これらの企業の株価に影響が出る相場材料(為替レートの動向など)が出た時には、日経平均株価にも影響が出ることが大きいと言えます。

TOPIXの意味と注意点

東京証券取引所に上場している企業のうちトップ225社の平均株価である日経平均株価に対して、東京証券取引所に上場している「すべての企業」の株価に基づいて算出されるのがTOPIXです。

現在の東京証券取引所の時価総額合計を過去の基準時点(1968年1月4日)の時価総額合計(株価×発行済株式総数)で割り算することによって算出されるため、基本的に株価のみに基づいて計算される日経平均株価とは違って、値がさ株による影響は少ないと言われています。

ただし、時価総額によって算出される数値であるため、当然、時価総額の大きい大企業(大型株)の影響が強くなる構成となっています。大企業の株式動向によってTOPIXは影響が受けやすいことには注意しておきましょう。

日経平均株価やTOPIXは日本国内の景気動向を判断する際にも参考にされる重要な指標です。ただし、株式投資の参考として使う場合には自分が投資する企業と日経平均株価やTOPIXの関係(値がさ株の影響や大型株の影響)を把握しておく必要があります。

指標の意味を正しく理解して、ご自分の株式投資に役立ててみてくださいね。

証券 2015.0213追加

-株式投資の基礎知識

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.