これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

株式投資の基礎知識

NISAとは?少額投資非課税制度って何?

更新日:

投資家にとって2014年からうれしい制度が出来ました。

それはNISA(少額投資非課税制度)です。

どこがうれしいことかと言えば株や投資信託で得た利益が非課税になるからです。

しかも非課税には制限が無くいくら稼いでも非課税になります。

ただし別の方に制限が有って、すべてが非課税にはなりません。それではまずNISAについて詳しく説明していきたいと思います。

NISAとは

NISAとは株の売却益や配当金、投資信託の値上がり益や分配金が非課税になります。ただし購入金額に制限が有って年100万円までの購入した金額が条件になります。

そして100万円を5年間の間非課税になります。

5年間に100万円が150万円になったら枠が50万円オーバーしますが、オーバーした分が非課税になりますから、全く問題ないです。

そして5年後に150万円になった場合、150万円を取得価格として150万円を超えた分が課税対象になります。

枠は5年分で最大500万円まで活用出来ます。しかし2016年から枠が120万円まで引き上げられますから、今年から始めたら最大580万円まで活用出来るということです。

色々と制限が有ります

非課税のメリットがうれしいNISAですが、色々と細かい制限が有ってその条件を満たさないと利用出来ないようになっています。

その制限ですがまずはNISAは特別に口座を開設しなければならないです。それには住民票が必要で住民票が無いとNISA口座を開設することが出来ません。

そして口座は原則一人に付き一つです。

当然金融機関も一つしか選べません。

その上金融機関も変更は1年単位なので1年経たないと金融機関の変更は出来ません。

変更後は口座が二つになりますが、前の口座での買い付けは出来なくなるので注意が必要です。

枠の制限

NISAは非課税枠の未使用分の翌年の繰り越しは出来ません。

例えば90万円の株を買ってそれが80万円まで下がっても使える枠は10万円までで、その10万円も翌年には繰り越せないのでその年に使い切る必要が有ります。

それで未使用枠を使おうと他の口座からの移管をしようにも移管は禁止だから出来ないようになっています。

損失になると

NISAは損失になっても他の口座との損益通算が出来ません。

さらに繰越控除も使えませんから、含み損になっている場合は回復するまで持ち続けましょう。

そして非課税の期間が終わった後はその価格で再取得した扱いになりますので、原資回復中でも回復した分に税金がかかりますので、損をしない投資をすることです。

NISA口座はネット証券で開設しましょう

NISA口座開設の一番の問題点は住民票で、これを役所に行って貰ってくるのが面倒です。

しかしネット証券の中には住民票取得代行サービスというのが有って、証券会社に委任するだけで証券会社が住民票を代わりに貰ってきてくれるサービスをしています。

これを使えば住民票を用意しなくてもNISA口座を開設出来ます。

その上NISAでの株式投資の手数料無料のサービスもしていますから、NISA口座を開設するならネット証券でするべきです。

-株式投資の基礎知識

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.