これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

証券会社の詳細

SBI証券で口座開設!知っておきたいメリットや評判

更新日:

SBI証券のメリット

s-sbi201701

ネット証券最大手のSBI証券は、口座数がネット証券初の350万口座を達成しています。

それだけ人気が有るのはSBI証券には他には無いメリットが有るからです。

それでどんなメリットが有るかをこれから説明していきます。

SBI証券の公式サイトはこちら

SBI証券ならではの手数料体系

SBI証券は株の現物取引の売買手数料の体系が二つ有ります。

それは中長期向けのスタンダードプラン短期向けのアクティブプランです。

スタンダードプランは1注文の約定代金で手数料が決まり、約定代金が10万円まででしたら消費税込みで150円です。

しかし約定代金50万円までで消費税込293円と50万円から他の大手ネット証券よりも安くなっていきます。

アクティブプランは1日の約定代金合計額で手数料が決まり、10万円以下で税込103円で、他の大手ネット証券よりも安くなっています。

信用取引はスタンダードプランで20万円以下で税込154円で、アクティブプランは10万円以下で税込103円で、10万円より上になると現物取引よりも安くなっています。

外国株式を多数取り扱っています

SBI証券は米国株だけでなく中国株、ロシアや韓国、インドネシア、ベトナム、シンガポール、タイ、マレーシアとアジア方面の株式も多数取り扱っています

そして各国ごとに投資情報サービスを提供していて、その情報をもとに外国株式を売買することが出来ます。

投資信託も多数揃えています

SBI証券は取扱い投信本数2,414本と種類が豊富で、その内ノーロードが1,095本も有ります。(2017/1現在)

これだけ本数が有ると欲しい商品を探すのが大変ですが、条件を指定するだけで、検索して表示してくれるFサーチが有りますから、どんな投資信託も安心して探せます。

先物やオプションでの独自の取引システムが有ります

SBI証券ではJ-NETクロス取引という取引所立会市場に注文するよりも有利約定の可能性が有る取引システムが有ります。

これは日経225先物の呼び値が10円単位なのにJ-NETクロス取引ならさらに1円以上安く買えたりします。

1円安く買えれば1枚に付き千円分安く買えたことになります。さらにJ-NETクロス取引なら日経平均先物の手数料は250円、ミニなら25円と直接注文を発注するより安く買えます

FXもやっています

SBI証券はFXもやっていて、SBI証券では代用有価証券と言って、SBI証券で購入した株をFXの証拠金として利用することが可能です。

保有する株を代用有価証券にするにはSBI証券で信用取引口座を開設していないとの条件が有りますから、条件を予め確認してから行いましょう。

NISA口座開設も便利です

NISA口座は一人一つで金融機関も一つしか使えません。

そして口座開設には住民票が必要で、住民票の取得が面倒な人には利用しづらい物でした。

しかしSBI証券なら、手続きを委任すれば住民票を無料で取得代行をしてくれるので、住民票を用意しなくてもNISA口座を開設することが出来ます。

さらに他社でNISA口座を開設してしまった人でも金融機関変更の手続きが出来るので大変便利になっています。

SBI証券の公式サイトはこちら

-証券会社の詳細

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.