これから株投資を始めようと思っている方にわかりやすく、株の買い方について解説しています。

株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門

株式投資の基礎知識

特定口座と一般口座との違い

更新日:

証券口座を開設する時、必ず選択しなければならないのが、特定口座一般口座のどちらの口座にするかです。

この二つの口座はどう違うのか?

どちらを選択すればよいかをこれから詳しく説明していきます。

特定口座とは

特定口座とは、株の売買や投資信託の購入解約の取引を証券会社が売買の記録から損益を計算して報告書を作成してくれます。

その報告書が特定口座年間取引報告書と言います。

確定申告の時はこれを持って税務署に申告に行きます。

源泉徴収有りなら税務署に行かなくても良くなります

特定口座には二種類あって源泉徴収有りと源泉徴収無しが有ります。

源泉徴収有りだと税務署の代わりに証券会社が税金を徴収しておいて、税務署に税金を納めます。

だから税務署に譲渡損益の申告をしなくても大丈夫です。

源泉徴収無しの場合は、特定口座年間取引報告書を持って税務署に確定申告をしなければならないです。

ただし利益が無い場合は確定申告はしなくても大丈夫です。

源泉徴収無しのメリット

源泉徴収有りでも無しでも税金を払わなければならないのなら、源泉徴収有りの方が税務署に行かなくて済む分得に見えますが、源泉徴収無しにもメリットが有ります。

それは税金の支払いを源泉徴収有りと比べて遅らせることが出来ることです。

 

源泉徴収有りの場合は損益が確定した時点で税金を引かれますが、源泉徴収無しの場合は確定申告が終わって税が確定するまで払わなくて大丈夫です。

だから税金として払わなくてよい分、投資の額が増えて余計稼ぎやすいです。

税金を払った後で損をしたら税金が戻ってきます

源泉徴収有りの場合、利益が出ると税金を引かれますが、この後損をすると損した分利益が減るので、減った分税金が戻ってきます。

一般口座とは

一般口座は証券会社が取引の記録や損益を計算してくれなくて、すべて自分で計算して確定申告をしなければならないです。だから収入が申告不要のレベルなら一般口座でいいでしょう。

特定口座と一般口座の併用は意味が無い

よく特定口座と一般口座を併用すれば節税出来ると考える人が居ますが、節税は不可能です。

何故なら特定口座は証券会社が計算をするだけでして、口座を分ければ損益を分けられるということは無いです。

特定口座で取引している証券会社と一般口座で取引をしている証券会社でも同じです。

逆に特定口座の方が源泉徴収有りにしていても一般口座の為に確定申告をしなければならなくなり、特定口座の方まで確定申告で特定口座年間取引報告書を提出する必要が出てきます。

節税をしようとしたら脱税になってしまいます

一般口座で利益が出ていないようにして節税をしようとすると脱税になってしまいます。

税務署もその気になれば証券会社に取引の情報開示を請求出来ますから、ごまかしは簡単にばれます。

だから税金を払わなければいけないほど収入が有るならば、あきらめて特定口座にして、源泉徴収をされるか取引の報告書を持って確定申告をすることです。

証券 2015.0213追加

-株式投資の基礎知識

Copyright© 株初心者にやさしい株の始め方・買い方!はじめての投資入門 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.